Uber Eats(ウーバーイーツ)は不法残留しているベトナム人らを配達員として働かせていたのか?入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検!

Uber Eats (ウーバーイーツ)

不法残留しているベトナム人らを配達員として働かせたとして、警視庁組織犯罪対策1課は22日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人「Uber Japan(ウーバージャパン)」(東京)の当時の代表の女性(47)とコンプライアンス担当だった女性(36)、法人としての同社を書類送検した。

同課によると、コンプライアンス担当だった女性は既に退職し、「外国人登録に不備があることは分かっていた」と容疑を認めている。代表だった女性は「直接報告を受けていないので、分からない」と否認している。

都内では昨年、不法残留などのウーバー配達員が184人確認されていたという。

発表によると、2人はウーバーイーツの責任者などを務めていた昨年6~8月、在留期限が過ぎたベトナム人2人の在留資格を十分に確認しないまま、都内で配達員として不法就労させた疑い。日本代表の女は「直接報告を受けていない」と否認している。

ウーバーイーツでは当時、外国人を配達員として登録する際、在留カードやパスポートの画像を専用サイトに送信させて在留期限などを確認していたが、他人の情報で不正登録するケースが多発。警視庁は、ウーバー側の確認が不十分だったと判断した。その後、外国人を登録する際は直接面談を行うなど、チェック態勢が強化されたという。

組対1課によると、ウーバーイーツの配達員のアカウントを取得するには在留カードや顔写真の提出が必要だが、他人の情報を用いるなどしてアカウントを代行取得するブローカーが存在。ベトナム人の男女はこのブローカーを通じてアカウントを不正に取得していた。男女は「面接なしですぐ始められた」「不法滞在でも働けた」などと話しているという。

ウーバーイーツをめぐっては、不法残留や資格外活動を行っていた外国人配達員を警視庁が昨年1年間で184人確認しており、不正の温床になっているという指摘もある。

ウーバーイーツの運営は「Uber Japan」から「Uber Eats Japan合同会社」に移行。現在、元代表はこの合同会社の代表になっている。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の闇バイト!買い取られた不正アカウントでピンハネされ働く外国人たち!
「これまではベトナム料理店で隠れてバイトしていました。でも、コロナで店の売り上げが下がり、クビになってしまった。そこで、友人からウーバーイーツの”闇バイト”を紹介してもらったんです」 前述のように、昨年末以降、就労資格を持たない外国人...

違反してる人を追放して良い経済活動を

フードデリバリーはベンツで配達してもいいのか?いい訳ないだろw 罰則と認められた車両とは?
ベンツ配達員😡😡😡 控えめに言ってもクソ😡😡 ベンツの維持費払えへんほど困窮してるんやったらベンツ処分した方が良いですよ🤣🤣 pic.twitter.com/QdUTOmpirV — 百万遍地蔵 (のり弁野郎) 💎DAI@...

まとめライター フーデリふーちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました